<新日鉄名古屋>「地下水に石灰混入」所長が陳謝(毎日新聞)

 新日本製鉄名古屋製鉄所(愛知県東海市)の敷地内から基準を超える高アルカリ水が漏出した問題で8日、同製鉄所の勝山憲夫所長らが記者会見し陳謝、「埋め立てた石灰が、地下水に混ざって反応したのではないか」と説明した。

 会見によると、石灰は鉄鋼を作る際に出る鉄鋼スラグに含まれており、昭和40年代ごろに埋め立てられていたという。

 現場付近は、排水路や配水管などは敷設されておらず、埋められた鉄鋼スラグが地下水に混ざって反応した可能性があるという。

 埋め立てられた範囲や量は分かっていないが、同社は当時の記録やボーリングを行い調査したいという。漏出した護岸の亀裂は2カ所で、幅2〜5ミリ、長さは30センチ前後。7日までにモルタルを塗って緊急補修を終えた。

 鉄鋼スラグは、セメントの材料などとして一部が販売されているという。【河部修志】

【関連ニュース】
新日鉄名古屋:高アルカリ水漏出の疑いで家宅捜索
鉄鋼大手労組:ベア要求見送り
新日鉄:インドの製鉄会社と合弁会社を設立
新日鉄:7年ぶり赤字に…3月期予想
鉄鋼スラグ:沿岸に埋め藻場再生 CO2吸収に効果

動物愛護団体の募金返還訴訟で原告敗訴(産経新聞)
<文科省>108大学に留意事項 専任教員不足など改善を(毎日新聞)
<訃報>井坂栄さん67歳=前イトーヨーカ堂社長(毎日新聞)
竜巻 発生か ビニールハウス30棟損壊 鹿児島(毎日新聞)
郵便不正第4回公判 倉沢被告への質問詳報(産経新聞)
[PR]
by ayghmq6byx | 2010-02-10 22:53
<< 借金のカタにソープ紹介 職業安... 朝青龍、示談書を警視庁に提出(... >>