対処方針署名せず=閣僚辞任を否定―福島党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は28日午前、日米共同声明について、国会内で記者団に「辺野古が盛り込まれたことは非常に残念」と述べると同時に、「(政府対処方針には)署名しないと決めたので、それが党の方針だ」と強調した。閣僚辞任は「全く考えていない」と否定した。
 連立政権からの離脱の是非に関しては「30日の全国幹事長会議で議論して決める」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

<武蔵村山市長選>元市企画財政部長の藤野氏が初当選 東京(毎日新聞)
<自然保護>動物の着ぐるみ姿でパレード 大阪(毎日新聞)
ニチイ学館寺田社長、元社員逮捕で陳謝―再発防止に努める(医療介護CBニュース)
<明石殺人>大学1年の三男を指名手配(毎日新聞)
<口蹄疫>九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
[PR]
by ayghmq6byx | 2010-05-29 05:52
<< 「銀行強盗するため」 交番で拳... 「太平洋の白鳥」日本丸、展帆作... >>