<放火>暴力団幹部に無罪判決 奈良地裁「証明不十分」(毎日新聞)

 08年3月、奈良市内の工事現場の休憩所に放火するよう暴力団組員に依頼したとして非現住建造物等放火罪に問われた堺市の暴力団幹部(44)に対し、奈良地裁(石川恭司裁判長)は19日、無罪(求刑・懲役4年)を言い渡した。石川裁判長は「放火の共謀には合理的な疑いが残る。証明が不十分だ」と述べた。

 判決などによると、暴力団幹部は組員に対し、建設会社に嫌がらせをするよう依頼。組員が08年3月31日午前1時ごろ、奈良市の道路工事現場にあったプレハブの休憩所にガソリンをまき、ライターで点火して、約12平方メートルを全焼させた。弁護側は「嫌がらせの手段は組員に任せており、放火について共謀がない」などと無罪を主張していた。【高瀬浩平】

【関連ニュース】
自宅放火:心神喪失認めず有罪判決 東京地裁
放火容疑:新聞社事務所全焼 50歳の社員の男逮捕 滋賀
放火容疑:元住職を逮捕 寺や仏具に火災保険3億円 埼玉
京都呉服商宅放火:重傷の59歳夫が死亡
群馬4人死亡:拳銃使い心中・放火か…石材業者、負債1億

<合志市長選>荒木義行氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)
成年後見人の着服急増、財産管理の意識薄く(読売新聞)
<訃報>勝呂忠さん83歳=洋画家(毎日新聞)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
普天間の県外移設案検討も示唆 官房長官(産経新聞)
[PR]
by ayghmq6byx | 2010-03-23 21:23
<< <北教組事件>小林千代美氏、議... 登校問題で両陛下「誰も犠牲にな... >>