電気機関車 EF510を公開 ブルトレけん引の新型車両(毎日新聞)

 JR東日本東京支社は3日、東京都北区の田端運転所で、ブルートレイン(寝台特急)をけん引する新型電気機関車「EF510」を公開した。

 旅客用の電気機関車としてはJRグループ初の新型車両で、JR貨物が開発した。出力を旧型と比較して30%増強し、最高速度は時速110キロ。複数のモーターを個別に制御できるため一部が故障しても運行可能で、凍結防止装置も搭載している。走行試験後、上野−札幌間を結ぶ「北斗星」「カシオペア」をけん引する。

【関連ニュース】
SL:「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原
雑記帳:大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田
EF510:JR旅客初の新型電気機関車を公開 寝台特急用
江ノ島電鉄 全線開通100周年 記念のヘッドマークで運行
掘り出しニュース:さよなら「くのいち号」 7日にイベント

強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死(産経新聞)
<掘り出しニュース>興福寺“ナマ阿修羅”見られます 国宝館、改装終了(毎日新聞)
<政府・民主>マニフェスト企画委を設置 首相と幹事長合意(毎日新聞)
普天間長引けば日米関係に悪影響…国務次官補(読売新聞)
「ヤミ金融やめていた」初公判で被告無罪主張(読売新聞)
[PR]
by ayghmq6byx | 2010-03-10 09:47
<< 川越線、埼京線の上りで運転見合... 東北4県 避難所利用わずか6.... >>